logo ISESAKI MACHIZUKURI

伊勢崎市まちづくりプロジェクトは、群馬県伊勢崎市で市民活動をしてる人、したい人を応援します。

活動団体のご案内

NPO法人 Jコミュニケーション

活動内容

国を超えた人間同士のお付き合いを目指しています。日本語教育を中心に、万国の人との交流を通し、お互いを助け合う心を持った『人間』教育に努めています。また、万国人が自国の文化を生かし、地域社会に溶け込み、一緒に活動する仲間、信頼される仲間となるよう橋渡しをしていきます。

【会員の募集】 随時
【会費】 3,000円/年
【会員の条件】 なし

電話番号 0270-22-2032
ファックス 0270-22-2032
E-Mail
email
ホームページ http://www.npo-jcom.com/

  • 団体情報
  • お知らせ
  • イベント情報
  • ボランティア募集情報
  • イベント開催の様子

受講生募集!『子どもの日本語指導者養成講座』

2012年09月18日(火)

 外国人の子どもの日本語指導者養成講座を開きます。
 この事業は、文化庁委託事業『「生活者としての外国人」のための日本語教育事業』です。
 


1.対象 下記のいずれかに該当する方であればどなたでも。 ご参加をお待ちしています。 
  ★ 子どもが好きな方

   日本語指導をしてみたい方

  ★ 何かボランティアをしてみたい方

  ★ 国際交流や多文化共生に関心がある方

  ★ 講座終了後、「子ども日本語教室・未来塾」の指導者として活動できる方 

2.定員 15名 

3.会場 粋庵(すいあん)  群馬県伊勢崎市本町20-1 SOAビル・茂木園2階 

4.受講料 無料 (但し、保険代と資料代として一人500円の実費徴収) 

5.日程

     開催日

       講師

         テーマ

①10月12日(金)

  午後7時~9時

牧原 功

群馬大学・准教授

やさしい日本語で教えよう

②10月19日(金)

  午後7時~9時

結城 恵

群馬大学・教授

子どもが「わかる」ということ

③10月26日(金)

  午後7時~9時

俵山 雄司

群馬大学・講師

日本語教育のエクササイズを体験してみよう

④11月2日(金)

  午後7時~9時

渡邊 知釈

群馬大学・講師

日本語文法の教え方(仮題)

6.申し込み・問い合わせ
 住所・氏名・電話番号・FAX申し込みの場合はFAX番号を記入して、インターネットまたはFAXにて申し込んでください。
 締め切りは10月10日(水)です。 

        電話・FAX 0270-22-2032 高橋清乃(たかはし きよの)
        Eメール arikawa49-npo@yahoo.co.jp 

7.主催  NPO法人Jコミュニケーション 「子ども日本語教室・未来塾」 

*    車利用の方は、SOAビル東隣の「かかあ町駐車場」を利用してください。3時間以内200円です。



子どもの日本語指導者のためのレベルアップ講座☆外国人児童生徒の日本語や学習指導・支援をしている方対象の短期集中講座☆東京学芸大学から年少者日本語教育専門の先生をお招きして開催します。

2012年06月22日(金)

講師 菅原 雅枝先生(東京学芸大学准教授)

対象 外国人児童生徒に日本語や教科指導をボランティアや仕事でしている方。

定員 30名 

会場 粋庵 (伊勢崎市本町20-1 茂木園2階  )

受講料 無料  但し資料・保険代として500円(NPO法人Jコミュニケーション会員は無料)

主催・問合せ先 NPO法人Jコミュニケーション 「子ども日本語教室・未来塾」

   〒372-0047 伊勢崎市本町20-1 茂木園2階

   電話・FAX 0270-22-2032 

   Eメール arikawa49-npo@yahoo.co.jp

申し込み方法 ファックス送信またはEメールにてお願いします。
             (住所、氏名、所属先、電話番号、FAX番号、Eメールアドレスをお書きください) 

日時

テーマ

内容

6/16(土)
  13時~
15時
<開催済>

日本の学校に通う外国人児童生徒たち
【講義】

 日本に暮らす外国人児童生徒について、来日の背景、日本での生活、ことばの問題、学校生活など来日した子どもたちが抱えている課題について理解します。

6/17(日)①10時~
12時
<開催済>

年少者への日本語指導
【講義とワークショップ】

 相手が子どもであること、第二言語としての日本語であることという視点から日本語指導の方法について考え、学習活動を考えてみます。

②13時~
15時
<開催済>

授業づくりのポイント
【発表と解説】

 午前中に考えたタスクを発表し、お互いに検討します。皆さんの意見を元に、「子どものための日本語指導」のポイントを整理していきます。

7/7(土)
 13時~
15時

日本語を学ぶこと、日本語で学ぶこと
【講義】

 日本語で教科の学習ができるようになるためにはどのような力が必要か、どのようにそうした力を育てていけばよいかについてお話しします。

7/8(日)
①10時~
12時

教科につながる指導  
【講義とワークショップ】

 子どもにとっての「教科を学ぶことの意味」を考えながら、学習支援の方法について考え、学習活動を組み立ててみます。

②13時~
15時

ボランティアの役割  
【発表とまとめの講義】

 皆さんが考えた活動を共有します。最後に、外国の子どもたちの日本語支援・学習支援を行うボランティアの役割と活動の留意点についてまとめます。

 ☆講師プロフィール

東京学芸大学 国際教育センター 准教授。東京学芸大学付属国際中等教育学校・関東国際高等学校講師を経て現在に至る。この10年ほどは、直接子どもたちに日本語や教科指導をしたり、年少者日本語教育の指導者の育成に携わってきた。



ページ

群馬県伊勢崎市まちづくりプロジェクト

いせさきまちづくりメニュー

▲このページの先頭へ