経営者の輪Vol.267  有限会社ワークス(WORKMAN Plus+宮子店)の代表取締役「平田吉伸さん」

経営者の輪Vol.267  有限会社ワークス(WORKMAN Plus+宮子店)の代表取締役・平田吉伸さん

今回、お話を伺うのは有限会社ワークスの代表取締役・平田吉伸さん。お父様が創業した同社に入社し、3年前になにげなく口にしたひと言が、ご自分が当初思った以上のかたちで実現したという平田さん。その歩みと、ビジネスを展開するうえで忘れてはいけないと思っている大切なことについてうかがいました。

プロフィール

平田 吉伸(ひらた・よしのぶ)さん

伊勢崎市出身

高崎市在住


 

凄腕のお父様が会社を設立

おしゃれなワーキングウェアで、人気のWORKMAN Plus+。平田さんは、ベイシア西部モール近くのワークマンショップを経営する有限会社ワークスで代表取締役を務めています。


有限会社ワークスは27年前、平田さんのお父様が設立した会社。当時、都内にいた平田さんはお父様から会社設立するという話を聞いて、耳を疑ったそうです。というのも、お父様はある大手企業で手腕を発揮していた方。まさか退職して自分で会社を興すとは思っていなかったそうです。


そんな平田さんにお父様から「埼玉のワークマンを経営することになったから、そちらで責任者としてやってみないか」とはなしがあったのは25歳の時。学生時代に接客を経験していたこともあり、特に躊躇することなくやってみようと思えたそうです。


新店舗で、平田さんのお客様への声掛けや接客の態度、人当たりの良さが評判に。「正直言って意外でした」と平田さん。「今まで自分で特に意識することなくやってきたことでしたから、それが褒められることだとは思わなかった」と照れ臭そうに話します。

当たり前のようにやっていたことが、実は平田さんのビジネス的に正解で「今の仕事が向きか不向きかと言えば、向いていた」ことを周りの反応で知ったのです。


それでも「今思えばアルバイト的な気分が完全に抜けきれていませんでしたね」と当時を振り返る平田さん。埼玉の店舗を始めて12年。将来的なことを考えて、お父様がしっかりと築きあげた伊勢崎宮子店に一本化することにし、群馬に戻ってきたのです。12年前のことでした。


デメリットよりメリットが勝る親子経営

話は、有限会社ワークス設立前に戻ります。お父様の予見力を疑わなかった平田さんですが、少々不安に思っていることがありました。それは、当時、平田さんが知りうるワークマンの店舗は空いていて、いつお客さんが来るんだろう? ビジネスとして成り立っているのかと思っていたからです。


しかし、それは全くの誤解であることを知ります。ワークマンのお客様で来店する方はひと握り。特に同社のお客様は企業が多く、お客様を待つスタイルではなく出向いていくスタイルだったのです。実際、平田さんも、昼間はほとんど店舗にいることはなくお客様の会社に出向いて、企画や打ち合わせなどで多忙を極めています。




伊勢崎に戻りお父様と2人で経営を始めた平田さん。「父の前で接客する気恥ずかしさはありましたが、メリットの方が断然大きかった」と話します。わからないことをためらわずに聞くことができるし、自分の意見も言いやすい。「普段それほど話をする親子ではない」と言いますが、仕事をする上でコミュニケーションが異常によく取れて関係は良好。「土台を築き上げてくれ、相談もしやすい、ありがたい存在ですね」と笑顔で話します。


お膝元でWORKMAN Plus+をオープン

働く人の衣類や小物などを扱う専門店として日本最大の売上高を誇り「作業服のユニクロ」と称されることが多いワークマン。そこに、2018年、おしゃれで機能性の高いアウトドア、スポーツ関連用品を扱うWORKMAN Plus+(ワークマンプラス)がオープンしました。東京の一号店にはWORKMAN Plus+は、今までワークマンに訪れたことのない若い女性やスーツ姿の男性までが続々と訪れ、大きな話題を呼びました。


ワークマン発祥の地である伊勢崎に「WORKMAN Plus+があってもよいのに」という平田さんのひと言をお父様がキャッチ。本部に話すとトントン拍子で進み、それまでの店舗を建て替え、しかも規定より30坪近くも広くする計画が持ち上がりました。2019年11月、記念すべきリニューアルオープンとなりました。


しかし、リニューアルオープンしたのは宮子店だけではないのです。市内にあるワークマンは、同社が経営する宮子店を含めて3店舗。平田さんは、仲の良いほかの2店舗のオーナーにも声をかけて本部と話し合った結果、伊勢崎に3店舗同時にWORKMAN Plus+がオープンすることになったのです。

ほかのWORKMAN Plus+同様、宮子店にも、女性や若いお客さまが多く見えるようになってきました。


ワークマンでは、昨年、女性ユーザーに特化した「ワークマン女子」を神奈川県にオープン。今後、群馬県内でのオープンも計画されています。

「新しいスタイルの店舗ができるからこそ、大切にしなければならないことがハッキリしてきた」と平田さん。「今まで、そして今も変わることなく店舗を訪れてくれるお客様が、今までどおり気軽に気兼ねなく立ち寄れる雰囲気や声掛けを大切にしたい」と表情を引き締めます。お客様のニーズをキャッチしながらも、地に足をつけた経営とやさしさに満ちた接客で、人々をホッとさせる平田さんならではのWORKMAN Plus+。多くの人が「行きつけの店」として愛され続けます。


企業情報

有限会社ワークス(WORKMAN Plus+宮子店)

 

◆住所/伊勢崎市宮子町3424‐1

◆TEL/0270-25-0100

◆創業/1994年

◆営業時間/7:00~20:00

◆休日/不定

◆業務内容/ワークマンのフランチャイズ





 取材日 2021年8 月

 



有限会社ワークス はこちら

応援します商売人!
今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ!

あのお店・会社のあの人を連載で御紹介します。
アイマップでは連載企画として、「応援します商売人!今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ」と称し地域の企業人・オーナーさん達をご紹介していきます。 また次の方は、ご紹介を頂くという経営者の輪方式をとらせて頂きます(笑) この企画を通じて、少しでも地域の皆さんに地元のお店や企業、そしてそこで働く人達を知って頂ければ と思っています。またそれが僅かでも売上増やビジネスチャンスに繋がれば幸です。

ご注意:本記事は上記の日付をもとに作成しています。実際にお店等に行く方におかれましては、事前に電話等で確認してからお出かけ下さい。記事と情報が異なる場合、imapは一切責任を負いませんのでご了承下さい。(記事と情報が異なる場合もありますので ご了承下さい。)


記事内容の二次利用について

本サイト上に掲載されている写真・記事等を無断で二次使用することを禁じます。
二次利用を希望される方はこちらから必ずアイマップへお問い合せ下さい。

管理画面ログイン

協賛企業一覧

  • 特集 サイドバナー アイオー信用金庫
  • 特集 サイドバナー 桐生信用金庫
  • 経営者の輪 サイドバナー あかぎ信用組合

特集コーナー