経営者の輪Vol.320 有限会社ライフアップの「見城光志朗」さん

経営者の輪Vol.320 有限会社ライフアップの見城光志朗さん

今回、お話を伺うのは、有限会社ライフアップの見城光志朗(けんじょう こうしろう)さん。小学生から今に至るまで続けている野球のこと、お父さまと力を合わせて取り組む仕事のことをお尋ねしました

プロフィール

見城光志朗(けんじょう こうしろう)さん

伊勢崎市出身

伊勢崎市在住












 

小学校で始めた野球、不動の4番

小学校4年生で始めた野球を、社会人になった今でも続けている見城さん。この野球を始めたことが「その後の人生を大きく左右させた」と言います。

ところが、始めたきっかけは自らの意思ではなく、野球好きだったお父さまに勧められたこと。初めは渋っていたものの、幼馴なじみが始めることになり、決心がついたといいます。

 

当時、そのチームにはお父さまもコーチとして参加していました。見城さんのポジションは、ファースト。厳しいチームで、試合に負けると監督に叱られ、家に帰るとお父さまにも叱られ「気が休まらなかった」と苦笑します。中学でも友達と野球部へ。決して強い部活ではありませんでしたが、しっかりとした走り込みを中心とした練習メニューのおかげで足腰が鍛えられました。

 

「高校に入ってまで野球を続けようとは思っていませんでした」と言いますが、進学先の伊勢崎興陽高校で、親友2人と共に野球部に入部。ボールは軟式から硬式へ、練習はバッティングを中心としたものに変わってきました。野球の三本柱と言われる「走攻守」。見城さんは、結果的に少年野球で「守」、中学で「走」、高校では「攻」を鍛え上げ、興陽高校で「不動の4番」と言われる地位を築きあげたのです。

 

3年生の夏の大会、ベスト8をかけた対戦相手は、現在ソフトバンクに在籍し、県内出身選手としては初のWBCメンバーに選ばれた周東佑京選手率いる農大二高。敗れはしたものの、ふたを開けてみれば農大二高は準優勝校でした。ちなみに優勝したのは、3年連続埼玉西武ライオンズの開幕投手を務める髙橋光成選手がエースナンバーをつけた育英高校。その全国優勝校です。役者ぞろいの中、みんなで勝ち取ったベスト16でした。


専門学校に進学、建築の仕事目指す

高校卒業後、前橋の群馬日建工科専門学校に進学。そのきっかけとなったのは、建築の仕事についていたお父さまでした。「両親は『好きなことをやれ』と言ってくれましたが、建築の道を選びました」と見城さん。この選択にお父さまで有限会社ライフアップ社長の貴史さんは「それはもう、うれしかったですよ」と目を細めます。

 

卒業後、有限会社ライフアップに就職。「知識は専門学校で養ったつもりでしたが、現場でそのまま生かせるものばかりではありませんでした」と見城さん。現場に足を運び、職人さん達のやっていることを覚えながら少しずつできることを増やしていきました。

 

大変なのは「夏の暑さと冬の寒さ」。しかし何もないところから建物が出来上がっていく過程に携われるのは面白く、大きなやりがいになっていました。仕事をしながら、2級施工管理技士の資格も取得。仕事が終わってから机に向かい、気づくと日が変わってしまうこともしばしばだったそうです。見城さんがこの資格を取得したことで、会社は、解体から建築まで携われるようになりました。会社にとって事業内容を変える大きな要因になったのです。

 

仕事をするようになって、お父さまの顔の広さに驚かされたと見城さん。そこから仕事につながることも多く「改めて父の偉大さに気づきました」と話します。

そのお父さまは「息子と一緒に仕事ができるのは幸せ。だから、私は毎日幸せなんですよ」と笑顔を見せます。

 

普段は、家族で食卓を囲む仲の良い見城さんファミリー。家ではお父さま、会社では社長。「その切り替えはなかなかできない」と言いますが、「言いたいことが言える、仕事しやすい関係」は、切り替えがないからこそ生まれるのかもしれません。


同業者にも納得される仕事を

設計事務所とやりとりをしながら、CADで図面を引くのも見城さんの仕事。同社の強みは、誠実な対応と確かな技術です。これに満足したお客さまの紹介で仕事の輪が広がっています。公共工事学校関係が多いのは、信頼の表れ。安全面が大きく関わるため学校の補修工事も任されます。

 

手掛けている事業の中で、特に多いのはリフォーム工事。リフォームをする際、以前携わった工務店やメーカーの実力が分かります。「再びリフォームを加える時、それに携わった同業者が納得できるような良い仕事をしたい」、そう思いながら、目に見えないところにこそ力を入れて望んでいると見城さんは話します。

 

「今はまだ新しいことを考えるよりも、自分のやるべき仕事をきっちりと納得いくように仕上げること」と見城さん。真摯な姿勢は、とても好感が持てます。

 

今でも、野球を続け、そのチームは伊勢崎のクラブチームのAクラスなのだとか。仕事に野球に忙しい見城さんの楽しみは、仲の良い友達とのグルメツアー。家族、仲間、友だち、と仲の良いつながりが、見城さんの充実の日々を作っています。


企業情報

有限会社ライフアップ

 

◆住所/伊勢崎市茂呂町2-2875-4

◆TEL/0270-23-4001

◆創業/2004年4月2日

◆営業時間/8:30~18:00

◆休日/日曜

◆業務内容/①リフォーム、増改築工事、②一般住宅、店舗等の建築、③土木、エクステリア工事、④塗装一式工事、⑤解体工事




 
 

取材日 2023年3月
 
応援します商売人!
今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ!

あのお店・会社のあの人を連載で御紹介します。
アイマップでは連載企画として、「応援します商売人!今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ」と称し地域の企業人・オーナーさん達をご紹介していきます。 また次の方は、ご紹介を頂くという経営者の輪方式をとらせて頂きます(笑) この企画を通じて、少しでも地域の皆さんに地元のお店や企業、そしてそこで働く人達を知って頂ければ と思っています。またそれが僅かでも売上増やビジネスチャンスに繋がれば幸です。

ご注意:本記事は上記の日付をもとに作成しています。実際にお店等に行く方におかれましては、事前に電話等で確認してからお出かけ下さい。記事と情報が異なる場合、imapは一切責任を負いませんのでご了承下さい。(記事と情報が異なる場合もありますので ご了承下さい。)


記事内容の二次利用について

本サイト上に掲載されている写真・記事等を無断で二次使用することを禁じます。
二次利用を希望される方はこちらから必ずアイマップへお問い合せ下さい。

管理画面ログイン

協賛企業一覧

  • 経営者の輪 サイドバナー あかぎ信用組合
  • 特集 サイドバナー 桐生信用金庫
  • 特集 サイドバナー アイオー信用金庫

特集コーナー