経営者の輪Vol.357 株式会社群馬トラベルエージェンシー 営業課長の杉本ゆかりさん

経営者の輪Vol.357 株式会社群馬トラベルエージェンシー 営業課長の杉本ゆかりさん

今回、お話を伺うのは、株式会社群馬トラベルエージェンシー 営業課長の杉本ゆかりさん。内気であまりしゃべらなかったという杉本さんが「よくしゃべる」という理由で、観光会社への就職を勧められたこと、何度でも窮地に立たされたお仕事でのできごと、充実のプライベートなどを伺いました。

プロフィール

杉本 ゆかり(すぎもと・ゆかり)さん

佐波郡玉村町出身

伊勢崎市在住

おとなしい子が「よくしゃべる子」に大変身⁉

「小さい頃は内気でおとなしい子だったんです」。よく通る声で杉本さんがこう話し出すと、社内から一斉に上がる「えーーー!」という声。そして、向けられる驚きの視線。あぁ、うんうん、そういうことなんですね。初対面ですが、分かる気がします。

 

なんでも「気の合う仲間うちでは素になれても、自分から話しかけるタイプではなかった」とか。小学生のころは、仲良しの友だちの家に集まって、当時、大好きだった光GENGIのCDを聞いたり、映像を見たりするのが楽しみでした。

 

高校は、地元の玉村高校に進学。親友をはじめ、同じ中学から進んだ友達が多く「とにかく楽しい高校生活でした」と笑顔で話します。「おとなしくて内気」の殻を破って、今の杉本さんが顔を出し始めたのは、この頃。部活のテニス部では和気あいあいと楽しく練習に励み、クラスでは理不尽な先生の授業を全員でボイコットしたことも! 「翌日、教頭先生や担任から大目玉をくらい、1週間、掃除をさせられたことも良い思い出」と振り返ります。

 

この時の夢は、保育士。小さい頃、保育園で優しい保育士さんに囲まれたことや、家では年齢の離れたお姉さま2人に可愛がってもらった経験が影響したのでしょうか。小さな子どもを相手にする職業に憧れました。

 

高校3年生のころ、就職は完全に売り手市場。求人票は潤沢にあり、杉本さんも就職の道を選びます。面倒見の良い担任の「よくしゃべるから、バスガイドがいいんじゃないか?」というひと言で観光会社への就職を考えるようになりました。観光会社の求人票は6社もあり、その中から市内の大手観光会社を選び、就職しました。

バスガイドからフリーの添乗員、プランナー、営業へ

高校卒業後、3月中旬から早くも就職先での研修が始まりました。業界トップといわれる講師を招いて、挨拶、国内の地方や地名の読み方、バス車内でのお茶の入れ方などを徹底的にレクチャー。ゴールデンウィーク後のデビューに備え、6人の同期と共に学んでいました。ところが、4月に入ってすぐのこと。先輩ガイドが急に乗車できなくなり、同期6人のうちの誰かが代役として出ることになったのです。研修担当の講師が「杉本さんならできる」と太鼓判を押したことで、研修が始まって2週間足らずでデビュー決定。「どこへ行ったのか、どんなことをしたのかさえ覚えていない」ほど、緊張のうちにどうにかやり遂げました。

 

2年目の時は、バス6~7台を連ねていく大掛かりな旅行でベテランガイドに囲まれる中、社員だからという理由で杉本さんが、本来最もベテランガイドが乗車する1号車を担当。しかも、行先は高山~白川郷。当時は高速も通っておらず、片道だけで7~8時間もかかったそうです。見どころは添乗員が解説。何もないところになるとマイクを渡されるというハプニング⁉も。それでも「良いお客さまたちに恵まれ、帰り際『一生懸命やってくれてありがとう』とおっしゃってくださいました。この言葉が支えになりました」と話します。

 

バスの仕事は、行政、学校、幼稚園などと幅広い年齢の方と関わります。その中で何度も幼稚園のバス旅行を担当。歌を歌ったり、お話をしたり、ときには自分で「得意ではない」という絵を描いて紙芝居を作ったり、さまざまな飽きない工夫をしたそうです。ところが相手は、エネルギーの塊である未就学児。その上、いつもと違うお出かけにテンションはマックス。同じことを5分やれば飽きてしまいます。一方、先生方は、このときばかりは「ガイドさんにお任せ」とリラックスムード。はしゃいだり、喧嘩したり、泣いたりと大騒ぎの子どもたちを見ながら「保育士さんになっていたら、辞めていたに違いない」と思ったそうです。

 

このようなさまざまな経験をする中で「度胸がついた」と明るく笑います。

 

7年ほど勤めた後、別の観光会社へ。1年ほど勤めてフリーになりました。コースを見ると、企画者の意図が見えるようになり、自分でもコースを作りたいと考え始めました。そんな時ある人からやってみないかと誘われ、フリーでガイド、添乗員、営業、企画とマルチに活動をするようになったのです。18年間にわたってフリーで活躍。お客さまからダイレクトに寄せられる声や数多くの指名は、やりがいにつながりました。

生きてきた証を残したい

明るく元気いっぱいの杉本さんですが、命に関わってもおかしくない大病を経験。その時に「好きなことをすること、見たい景色を見に現地に行くことが大切」と実感したそうです。

また、18年間、フリーで活躍するきっかけを与えてくれた恩人の死も影響。「生きてきた証を残したい」と考えるようになりました。

 

旅行は1年に何度も行く人もいますが、1回限りという人もいる。その方たちに向けて『本当に楽しかった』と思われるプランや、思い出に残る時間を提供したいーー。それが、杉本さんの仕事における「生きてきた証」と思うようになったのです。

 

6年前、株式会社群馬トラベルエージェンシーに入社。現在は、営業課長として、営業や添乗員など務めています。最近ではさまざまなものの値上がりにより、予算内で納得のいくものを作り上げるのが難しいのが悩み。限られているからこそ、アイデアと経験で勝負、とお客さまが喜びそうなプランを考え続けています。帰り際、お客さまから「楽しかった」という言葉ともう一つ、「杉本さんが1番楽しそうだったね」と言われることも多々あるそう。その様子が目に浮かびますね。

 

プライベートでも月に1回は必ず旅行に出かけるほどの旅行好き。この先も新潟、北海道、伊勢と予定が詰まっています。国内で特に好きなのは金沢と沖縄。金沢は、群馬にはない風景が広がっていることや、独特の御国言葉、人の温かさが心地よいといいます。

沖縄は、時間を忘れられること。大ファンのアーティスト、HYの出身地である東屋慶名は、美しい風景が大のお気に入りです。

 

今後チャレンジしてみたいことは? と尋ねると、小首をちょっとかしげた後に「ないなぁ。今が充実しているので」とニッコリ。その言葉に、杉本さんの生き方が凝縮されています。

企業情報

株式会社群馬トラベルエージェンシー


◆住所/伊勢崎市今泉町1-1210-3

◆TEL/0270--23-8555

◆創業/1983年

◆営業時間/10:00~18:00

◆休日/土、日、祝(応相談)

◆従業員数/5人

◆業務内容/国内・海外旅行、JR券・航空券・観光バス・旅館ホテルの予約や手配、各種団体旅行・社員旅行・研修旅行・親睦旅行など、各種パッケージツアー

 

 
 
取材日 2024年4月

応援します商売人!
今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ!

あのお店・会社のあの人を連載で御紹介します。
アイマップでは連載企画として、「応援します商売人!今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ」と称し地域の企業人・オーナーさん達をご紹介していきます。 また次の方は、ご紹介を頂くという経営者の輪方式をとらせて頂きます(笑) この企画を通じて、少しでも地域の皆さんに地元のお店や企業、そしてそこで働く人達を知って頂ければ と思っています。またそれが僅かでも売上増やビジネスチャンスに繋がれば幸です。

ご注意:本記事は上記の日付をもとに作成しています。実際にお店等に行く方におかれましては、事前に電話等で確認してからお出かけ下さい。記事と情報が異なる場合、imapは一切責任を負いませんのでご了承下さい。(記事と情報が異なる場合もありますので ご了承下さい。)


記事内容の二次利用について

本サイト上に掲載されている写真・記事等を無断で二次使用することを禁じます。
二次利用を希望される方はこちらから必ずアイマップへお問い合せ下さい。

管理画面ログイン

協賛企業一覧

  • 特集 サイドバナー アイオー信用金庫
  • 特集 サイドバナー 桐生信用金庫
  • 経営者の輪 サイドバナー あかぎ信用組合

特集コーナー