経営者の輪Vol.63 「とやま薬品 大島 太樹さん」伊勢崎市昭和町

Vol.63 とやま薬品 大島 太樹さんの巻

『経営者の輪 番外編』と称しまして、imapのメンバーをシリーズで紹介しているこの企画。今回は、「とやま薬品」(伊勢崎市昭和町)の大島 太樹さんです。「とやま薬品」さんは、一般家庭や会社への‘置き薬’を扱う会社です。薬といえば、富山。その富山県出身の大島さんのお父様が、ここ伊勢崎の地を選び始めたという、その名の通り「とやまの薬屋さん」なのです。

「置き薬だからこそ、お客様一人一人の健康を考え、対面も大切にしているんですよ」と話す大島さんは、平成17年度 社団法人 群馬県医薬品配置協会青年部部長、そして伊勢崎商工会議所青年部副会長を務めるなど、様々な方面でも活躍されている方なんですよ~。

プロフィール

大島 太樹さん。昭和40年7月7日伊勢崎市生れ。

伊勢崎市立殖蓮小学校、市立殖蓮中学校、群馬県立伊勢崎東高等学校を卒業。子どもの頃からスポーツ好きで、中学では、剣道部に入部。部活以外にも、夜間も剣道の練習に通うなど、熱心に打ち込み、実力も初段の腕前だとか。高校は、当時流行った『スクールウォーズ』などの青春ものの影響と憧れから、ラグビー部へ入部。剣道の個人競技から、ラグビーの団体競技に変わり、スポーツとしての新たな感動を味わったんですって。夕日に向かって走りました~^^(冗談デス)。 高校卒業後、料理が好きな事もあって北海道へ渡る。道内のお寿司屋(「政寿司」小樽市内)で3年間、住み込みで働くが、離れて初めて家業についてじっくり考え、そしてお父様の偉大さを実感する。その後伊勢崎に戻り、家業である「とやま薬品」へ。現在に至る。

お客様とのコミュニケーションを大切に、親身に対応

「はじめは、対面というのが、苦手でホント大変だったんですよ」と話す大島さん。今では、街のドラッグストアとは違う、置き薬を扱う薬屋さんとして、お客様とのコミュニケーションを大切に、親身になっての対応で、信頼も厚い。だからこそ、もっと薬について勉強したいし、対面販売のよさのPRにも力を入れていきたいとか。 「色々あったけど、オヤジがこの仕事をやっていてくれて、本当によかったなって思いますよ」。

そんな大島さんは、多忙の為、休みもなかなか少ないそうですが、貴重な休日には、家族との時間を大切にする、優しいパパでもありました~。

店舗情報

とやま薬品

◆住所:群馬県伊勢崎市昭和町3666-7
◆TEL:0270-25-6257

■■信用第一の『置き薬』

●300年の歴史が信頼の証です。

●信頼できる薬だけを揃えています。

●お客様との対面を大切にします。

医薬品を扱う責任として売りっぱなしはいたしません。常にお客様と対話しながら適切な薬をお勧めします。

■■先用後利の心でお届けします。

まず薬をお届けし、使った分だけ払っていただく「先用後利」は、信頼関係あってこそのシステムです。

取材日 平成17年10月

応援します商売人!
今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ!

あのお店・会社のあの人を連載で御紹介します。
アイマップでは連載企画として、「応援します商売人!今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ」と称し地域の企業人・オーナーさん達をご紹介していきます。 また次の方は、ご紹介を頂くという経営者の輪方式をとらせて頂きます(笑) この企画を通じて、少しでも地域の皆さんに地元のお店や企業、そしてそこで働く人達を知って頂ければ と思っています。またそれが僅かでも売上増やビジネスチャンスに繋がれば幸です。

ご注意:本記事は上記の日付をもとに作成しています。実際にお店等に行く方におかれましては、事前に電話等で確認してからお出かけ下さい。記事と情報が異なる場合、imapは一切責任を負いませんのでご了承下さい。(記事と情報が異なる場合もありますので ご了承下さい。)


記事内容の二次利用について

本サイト上に掲載されている写真・記事等を無断で二次使用することを禁じます。
二次利用を希望される方はこちらから必ずアイマップへお問い合せ下さい。

管理画面ログイン

協賛企業一覧

  • 特集 サイドバナー アイオー信用金庫
  • 経営者の輪 サイドバナー あかぎ信用組合

特集コーナー

経営者の輪 ジャックバナー IO・あかぎ

アイオー信用金庫へ あかぎ信用組合へ