経営者の輪Vol.102 「有限会社高野自動車 高野純一さん」伊勢崎市東町

Vol.102 有限会社高野自動車 高野純一さんの巻

「経営者の輪」102回目にお迎えするのは、群馬伊勢崎商工会青年部に所属する有限会社高野自動車の高野純一さんです。

プロフィール

高野 純一(たかの じゅんいち)さん。昭和44年12月 18日。

桐生市出身・市内東町在住。

高野純一さんは、市内東町で自動車整備や販売を行う有限会社高野自動車の2代目です。目指すのは「いつ来ても(会社に)いる社長」。そのわけは? また「最高のビジネスパートナーは奥様」というほどの夫婦仲の良さを保つ秘訣も伺いましたよ。

幼いころから跡継ぎ宣言

前回ご登場の梶山明久さんや前々回ご登場の石井守さんと同じ「跡継ぎ」の立場である高野さん。「幼いころから跡継ぎという無言の重圧を感じていた」という梶山さんや石井さんとは違い「小さいころから『大きくなったら車屋さんになる』と宣言していた」と自ら「跡継ぎ」の将来を決めていたのが今回お迎えする高野さんです。

「自分では覚えがないんですけどね」と照れくさそうに笑う高野さん。そうは言うものの、周囲は「本人が言うんだから(いずれ)継ぐんだろう」と当たり前のように未来の青写真を描き、高野さんご本人もまた決心がぶれることはありませんでした。

高校卒業後は、愛知県にある三菱の自動車専門学校に進学。2年間の寮生活を通じて友だちの輪は全国に広がり「勉強よりも友だちとのかかわりという面で充実していた」と当時を振り返ります。1年生の終わりに、奨学金制度を申請。これは、残りの1年間の学費を三菱自動車が持ってくれるかわりに、最低5年間は三菱で勤務しながら返済を行うという制度です。申請が通った高野さんは、この制度を活用して卒業後は群馬に戻り、三菱のディーラーに就職を果たしました。

目指すのは「いつもいる社長」

しっかりとキャリアを積んでお父さまの元に戻った高野さん。戸惑ったのは、車種が多様だったこと。「当たり前といえば当たり前なんですけど、会社員時代は三菱車オンリー。町の車屋さんのところに運び込まれる車は、それはもういろいろ。分からないことはすぐに社長である父に聞いたり、メーカーに直接連絡したり」と、分からなかったら聞くこと、を徹底したそうです。

逆に会社員時代とは違った「やりがい」も生まれました。「お客さまと直接触れ合い機会が増え、距離が近くなった分、感謝の心をダイレクトに受け取ることができるようになりました。月並みですが『ありがとう』と喜んでいただけたときは、やっぱりうれしい。これが一番のやりがいです」

平成17年1月。組織を法人化し、高野さんは代表取締役社長に就任しました。「おかげ様で、毎年少しずつですがお客さまが増えているんです」と頼もしいお言葉。ディーラーでならした営業手腕を再び発揮したのかとおもいきや「ウチはお客さまが営業マンなんです」。桐生・伊勢崎線沿いという立地も手伝って、高野さんのところには見ず知らずのお客さまが突然飛び込んでくることも少なくありません。そのときの高野さんの親切で丁寧な対応に助けられたお客さまがのちにお得意様に、そして営業マンへ。

「本当にありがたいですよね。大切なお客さまに私ができるのは、お客さまが困ったときにすぐに対応できる体制を整えておくこと。だから私は『いつ(お客さまが)来ても、(会社に)いる社長』であること、が目標なんです」

高野自動車さんの特徴を高野さんは「何でもやる会社」と話します。自動車の整備、点検、車検はもちろん、フォークリフトやショベルカーの修理も手掛けるのだとか。

「お客さまから『見て』と言われて。独学で勉強し、実際にいじっているうちにできるようになっていました」と高野さん。頼まれやすい雰囲気も高野さんの大きな魅力です。

夢は車も見られる公園をつくること。「子どもも高齢者も楽しめる広くて自然いっぱいで車も見られる公園をつくりたいって昔から言っているんです。45歳までに。まだ準備も何もしていないんですけどね」と高野さん。

口に十と書くと「叶う」という文字になります。幼い頃から「車屋さんになる」と言い続けてその夢を叶えた高野さん。公園の夢もきっと叶うに違いありません。もちろん45歳までに!

共通の趣味が仲良しの秘訣

「相談相手は妻。ビジネスでもプライベートでも一番のパートナーです」と言い切る高野さん。息子さんを含め、家族共通の趣味が少林寺拳法です。もともとは、息子さんが習いに行くのを送りがてら見学するうちに、自分もやりたくなってしまい、家族全員がかかわるように。高野さんファミリーは趣味を通じて話題が絶えることなく本当に仲良し。夫婦円満、家族仲の良さが、高野さんの活力源になっています。

会社情報

有限会社高野自動車

◆住所:群馬県伊勢崎市東町2677-5
◆TEL:0270-62-2162


取材日 平成21年1月

応援します商売人!
今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ!

あのお店・会社のあの人を連載で御紹介します。
アイマップでは連載企画として、「応援します商売人!今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ」と称し地域の企業人・オーナーさん達をご紹介していきます。 また次の方は、ご紹介を頂くという経営者の輪方式をとらせて頂きます(笑) この企画を通じて、少しでも地域の皆さんに地元のお店や企業、そしてそこで働く人達を知って頂ければ と思っています。またそれが僅かでも売上増やビジネスチャンスに繋がれば幸です。

ご注意:本記事は上記の日付をもとに作成しています。実際にお店等に行く方におかれましては、事前に電話等で確認してからお出かけ下さい。記事と情報が異なる場合、imapは一切責任を負いませんのでご了承下さい。(記事と情報が異なる場合もありますので ご了承下さい。)


記事内容の二次利用について

本サイト上に掲載されている写真・記事等を無断で二次使用することを禁じます。
二次利用を希望される方はこちらから必ずアイマップへお問い合せ下さい。

管理画面ログイン

協賛企業一覧

  • 特集 サイドバナー アイオー信用金庫
  • 特集 サイドバナー 桐生信用金庫
  • 経営者の輪 サイドバナー あかぎ信用組合

特集コーナー