経営者の輪Vol.136 「Artistic Hair Stage Bee Studio 小野寺さん」伊勢崎市八斗島町

Vol.136 Artistic Hair Stage Bee Studio 小野寺 亨さんの巻

今回「経営者の輪」にご登場いただくのは、伊勢崎商工会議所青年部に所属するArtistic Hair Stage Bee Studioの小野寺 亨さんです。

プロフィール

小野寺 亨(おのでら とおる)さん。昭和41年8月24日生まれ。

藤岡市出身、伊勢崎市在住。

今回、ご登場いただくのは、Imapの事務所からも近いArtistic Hair Stage Bee Studioの小野寺 亨さん。藤岡出身の小野寺さんが伊勢崎で美容室経営を始めたきっかけや、美容師という仕事のやりがいを伺いました。

小学生で不良!? 道具の使い方で器用さに気付く

「小さいころは不良でした」といきなりビックリ発言が飛び出しました。ちなみに小さいころ、というのは、小学校低学年のこと。さらに「親が、とか家庭がとか、友達が、とか周辺の環境によってなったのではなく、生まれ持って『不良』だの要素を持っていたんだと思う」と真面目におっしゃるので大笑い!

今のおしゃれで爽やかな外見からは想像できない過去です!

小野寺さん曰く、小学校2年生のときには、ナイフを携帯していたとか。しかし、それがのちに小野寺さんの将来を決定づける要因のひとつになるのです。

小学生だった小野寺少年は、ナイフを使って木の枝を切っては「武器」のごとく持ち歩いていたそうです。次第に、切った枝の先を削って鋭くするなどの加工を繰り返すうちに、すっかり道具の扱いが上手になった小野寺さん。「上手になった」というよりは、むしろ「手先の器用さに気付くきっかけ」となったのかもしれません。

中学校時代の技術の授業では、誰よりも早く上手にナイフを使って鉛筆を削ることができた、といいます。しかも、友達の多くはやり直しをさせられているのに、小野寺さんは一発でクリアしていたそうです。

ちなみに、「不良」は小学校高学年で卒業。「レベルが半端なくて、敬遠され始めた」ことが原因。それからは、小学生時代は野球、中学になってからは「サッカー」とスポーツに打ち込むようになりました。

スタートから5年。 知らない土地でゼロからのスタート

不良は卒業したものの、依然として「戦い」への憧れは冷めなかった小野寺さん。高校時代、卒業後の進路を考えたとき、浮かんだのは「自衛隊」と「警察官」でした。理由は「正々堂々とピストルを持てるから」。スポーツで鍛えあげた体を持って挑み、両方とも一次試験は合格するものの二次試験で不合格。そのとき、小野寺さんはこう思ったといます。「オレを合格させないのはすごい」と。「言葉ではそれなりの志望動機を言ったものの、面接官たちは、きっと『こいつは、正義感から志望したんじゃない』ってことが分かったんだと思います」と理由を話します。

将来の道が決まらず、高校時代を終えようとしていた小野寺さんにとっての転機は、美容師の知人と話しをしたこと。直感で「(美容師が)いい!」と思ったそうです。

行動力のある小野寺さんは、早速、近くの美容室に掛け合い、高校卒業後の4月1日から見習いとして働き始めました。

その頃の小野寺さんの仕事といえば、掃除・洗濯・犬の散歩。洗髪やカットに直接関わらなかった分、美容業界を客観的に見ることができ「美容室ってなかなか儲かる商売なんだな」と思ったそうです。独立を意識した瞬間でした。

昼間は、美容室で働き、閉店後は先輩をモデルにカットをしたり、ロッドを巻いたりと練習に、家へもどってからは、美容師になるための通信教育での学習に励みました。

こうして無事、美容師の資格を手にいれた小野寺さん。見習いからスタートした5年後、25歳のときに独立の話が舞い込みます。場所は伊勢崎。予定していた独立より5年ほど早く、資金もないゼロからのスタート。このとき、多額の資金を銀行が貸してくれたことが、今も小野寺さんにとって大きな誇りになっているといいます。

経験と観察力で最も似合うスタイルを提供

「時代が良かった」、独立当初のことを小野寺さんはこう話します。当時は、美容室を開けばお客様が来る時代だった、と。小野寺さんのお店も、開店と同時にたくさんのお客様が訪れたそうです。

美容師の楽しいところは、ひとつのステージを作り上げられるところ。それぞれ異なるステージで、もっともその人が輝けるスタイルを作るところに美容師としてのだいご味を感じるそうです。

自信があるのは、カット。一人の人に合う10通りのスタイルがあって、一番似合うスタイルが1だとすると、全く似合わないのが10。割合は同じです。その間の2~9が「だいたい似合う」ゾーン。1をすんなりと選ぶのがカリスマ美容師。無意識に10を選ぶ美容師はほぼゼロに等しく、たいていは2~9を選ぶのだそうです。小野寺さんは、今までの経験と観察力から「1」を選び出すのが得意。その証拠に奥さまや二人のお嬢さんたちの希望を聞かずに髪を切っても、大いに気に入ってもらえるそうです。

ビースタジオの特徴は、完全マンツーマンで、シャンプーからブローまで、すべて小野寺さん一人が携わること。予約を入れた時間は、すべてその人だけのもので、ほかのお客様とかぶらないようになっています。広々した店内で他を気にすることなく、ゆったりと贅沢な時間が過ごせると好評。小野寺さん自身も「一番好きな空間」と話します。

来春からは、ご長男が小野寺さんと同じ、通信制の美容学校で勉強をしながら美容師の道を目指します。いかにお父さまである小野寺さんが、日々イキイキと楽しく美容師という職についているかを物語っています。

休日は、奥さまとショッピングを楽しむ、と夫婦仲も抜群の小野寺さん。趣味でギターを弾いたり、長渕剛にあこがれて筋トレに励んだり、と仕事だけでなくプライベートも存分に楽しむアクティブな経営者サンです。

会社情報

Artistic Hair Stage Bee Studio(ビースタジオ)

◆住所:群馬県伊勢崎市八斗島町1588-17
◆TEL:0270-32-3969(予約制)
◆営業時間:9:00~19:00
◆定休日:毎週月曜 第1月曜・火曜/第3日曜・月曜
◆設立:平成元年9月
◆業務内容:美容業

取材日 平成23年11月

応援します商売人!
今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ!

あのお店・会社のあの人を連載で御紹介します。
アイマップでは連載企画として、「応援します商売人!今こそフロンティアスピリッツを発揮せよ」と称し地域の企業人・オーナーさん達をご紹介していきます。 また次の方は、ご紹介を頂くという経営者の輪方式をとらせて頂きます(笑) この企画を通じて、少しでも地域の皆さんに地元のお店や企業、そしてそこで働く人達を知って頂ければ と思っています。またそれが僅かでも売上増やビジネスチャンスに繋がれば幸です。

ご注意:本記事は上記の日付をもとに作成しています。実際にお店等に行く方におかれましては、事前に電話等で確認してからお出かけ下さい。記事と情報が異なる場合、imapは一切責任を負いませんのでご了承下さい。(記事と情報が異なる場合もありますので ご了承下さい。)


記事内容の二次利用について

本サイト上に掲載されている写真・記事等を無断で二次使用することを禁じます。
二次利用を希望される方はこちらから必ずアイマップへお問い合せ下さい。

管理画面ログイン

協賛企業一覧

  • 経営者の輪 サイドバナー あかぎ信用組合
  • 特集 サイドバナー アイオー信用金庫

特集コーナー

経営者の輪 ジャックバナー IO・あかぎ

アイオー信用金庫へ あかぎ信用組合へ